top of page

今日という1日の値段



このように想像してください。


道を歩いていると、知らない紳士から声をかけられました。


『やあやあ、やっと見つけた。あなたを探していたんです。実はこれこれこういうわけで、あなたにこの大金を渡したくて探していました。』


こんなふうに声をかけられたら、ビックリしますよね。

でも、100%詐欺の話ではありません。


『ここにあるお金は100億円です。これをあなたにあげましょう。』


突然、100億円もらえるとなると誰でも狂喜することでしょう。

喜んではしゃぐあなたに紳士はおもむろにこう言いました。


『でも、ひとつだけ条件があります。あなたの寿命を頂かなくてはなりません。あなたは明日までしか生きられません。明後日には死ぬことになります。』


このような条件を提示されたら、あなたはそれでも『はい、もらいます』と言うでしょうか?

言わないですよね。

なぜなら、自分の人生は100億円では買えないだけの価値があると思うからです。


つまり、自分の人生は100億円、もしくはそれ以上の以上の価値があるということなのです。

仮に残りの人生が30年あるとして、100億円だと1日あたり換算で約100万円になります。

1日寿命を延ばすために100万円払いますか?


お金に換算するのがそもそもナンセンスで、人生はお金で買えないだけの価値があります。

80才台の日本で有数の資産家に、『あなたの全財産を出せば、あなたを30才の頃に戻してあげましょう』と提示すれば、二つ返事で払うことでしょう。


1日にはものすごい価値があると思えば、一瞬一瞬を大事にして、人生の使命を果たすべく朝から晩まで有意義に生きると思います。

1日に価値がないと思えば、人生の価値は二足三文で、怠惰な時間がただ流れていくだけです。


意識の持ち方一つで、人生の価値や輝きは大きく変わります。

今日という日は二度とないのです。





閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commenti


bottom of page